ニキビ跡はレーザー治療で消す|綺麗なお肌を取り戻す

女の人

失われた乳房を再建

身体

乳房の膨らみと誇り

乳がんの手術は、乳房の一部あるいは全体を、がん細胞と一緒に切除するという方法でおこなわれています。そのため手術後は、乳房の形が大きくゆがんだり、あるいは乳房が完全になくなったりします。しかしそのような場合でも、乳房再建手術を受けることで、もとのような美しい形の乳房に戻すことができます。一部を切除した場合にはその部分に、全体を切除した場合には全体に、人工乳房を挿入すれば、乳房を膨らませることができるのです。さらに乳房再建手術によって、もとのサイズよりも大きく、なおかつ美しい形にすることも可能です。乳房は女性らしさを象徴する部位のひとつなので、これが失われることで女性としての誇りを失う人も多くいます。しかし乳房再建手術を受ければ、乳房の膨らみと同時に誇りを取り戻すことができるのです。

自然な見た目や柔らかさ

乳がんの手術で切除されるのは、基本的には乳房の内部組織のみです。つまり皮膚は残るわけですが、内部組織がなくなることで、その形に合わせるようにして皮膚は自然に縮んでいきます。これを避けるために、昨今の乳がん手術では、内部組織を切除した後にティッシュエキスパンダーが挿入されるようになっています。これにより、皮膚は縮まることなく表面積を維持することができます。そして乳がんの治療が終わり体が十分に回復してから、改めて乳房再建手術がおこなわれるのです。挿入されたティッシュエキスパンダーを除去し、その代わりに人工乳房を挿入するわけです。皮膚が自分自身のものですから、人工乳房とはいっても、見た目は本物の乳房と変わりません。もちろん柔らかさも自然なものとなるよう、人工乳房は工夫して作られています。

Copyright© 2016 ニキビ跡はレーザー治療で消す|綺麗なお肌を取り戻す All Rights Reserved.